ネットショッピングにビットコインは使える?

ビットコインはネットで利用することを目的に作られた仮想通貨

ビットコインは仮想通貨の代表格といえる存在です。ただ、通貨と呼ばれているわりに、ビットコインが使える店や実際に使っている人を見たことがないという人が大多数でしょう。ただ、仮想通貨は基本的にオンライン決済での利用が多く見込まれて作られたものなので、実店舗で使えるところ、使う人はあまりいないというのはおかしなことではないのかもしれません。
では、インターネット上ではどうなのでしょうか。たとえば、ネットショッピングをしたときに、ビットコインで決済をすることは可能なのでしょうか。実は、ネットショップにおいてもビットコインを使えるところはそう多くはありません。海外のショップであれば使えるところは多少増えます。

ビットコインを持っている多くは利殖目的で所有している

では、なぜビットコインを使えるネットショップは増えていかないのでしょうか。いろいろな理由が考えられますが、一番大きな理由といえるのが決済に利用する目的でビットコインを所有している人が少ないというものです。そういった人たちはどのような目的でビットコインを持っているのかというと利殖のためです。ビットコインは、作られてからほぼ右肩上がりに価値を大きくしています。
初めてビットコインに価値がついたとき、1ビットコインあたり日本円でわずか0.07円でした。それが現在、1ビットコインは数十万円に達しています。今後も、価値が上がるだろうと考えている人がビットコインを買っているのです。
今後、ビットコインを決済目的で所有する人が多く出てこない限り、利用できるネットショップはなかなか増えない可能性が高いといえるでしょう。